体の声を聞こう~体と心の関係性~

痛みを伴う場合は大きく分けて2つあります。

1.心の痛み
2.体の痛み

心のケアから始める方は
体の痛みや病状が伴っている場合、
それが緩和する事に気が付かれます。

体の不調で来られる方は、
そこに「無意識のメンタルブロックやストレス」が生じていたのだと
後から気づくことになります。

 

こうした「心と体」の関係性が繋がっている事に
体感された方は確信を持っています。

しかしなぜか
人は心の痛みは放置になりがちです。


痛みは何かのサイン

人はその痛みに気が付いた時、
何かの症状に出た時、
その症状や痛みにひどく悲しみ落ち込みます。

 

しかし
痛みは脳が作り出しているのです。

 

そして体の声を聴いてみると・・・
それが心・魂のSOSが発信されています。

 

体の声を聴こう👂

だから体のサインには
しっかり寄り添ってあげてくださいね。

★体が悲鳴を上げている
★心(魂)が悲鳴を上げている

こんなことに気が付くと
その声に寄り添い、考え方が大きく転換していきます。
その結果、心や気付いたら行動ができるようになります。

 

体の声に耳を傾けてみてはいかがでしょうか?

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP